温熱環境 Thermal Environment

01. やわらぎの家オリジナル基礎断熱工法

やわらぎの家は基礎断熱を採用。でも基礎断熱で注意しなければならないのが床下での結露。
やわらぎの家では1Fで空調された(湿度の低い)空気を床下の隅々へ供給することにより、床下に空気の流れを生むとともに結露を防ぎます。また1F床に設けたスリットを通して空調していない室内にも暖かい(涼しい)空気が流れ込みます。

高断熱・高気密「ウレタン吹き付け断熱」

02. 高断熱・高気密
「ウレタン吹き付け断熱」

木造住宅の複雑な構造でも現場吹き付け発泡なので隙間なく施工ができます。
高い断熱性・気密性をもつやわらぎの家は省エネ効果が高いだけでなく、換気システムもシミュレーション通りに効果が発揮され、効率的に建物の換気をすることができます。

C値とは住宅の隙間の量の多い少ないを表す値で、C値が小さいほど隙間の少ない住宅です。北海道など寒冷地域で2.0cm2/m2以下に設定されています。
※やわらぎの家の標準仕様・標準施工での目安のC値です。上記数値を必ず達成するということではございません。

03. 全室、国内最高レベルの断熱性「樹脂窓」標準採用。

熱は主に窓から出入りします。だから断熱材はもちろん、窓の断熱性能を高めることも大切です。
やわらぎの家では国内最高レベルの断熱性の樹脂窓を採用。フレーム(サッシ枠)とガラスを工場で組み合わせた「窓」としての性能と品質を保証します。

全室、国内最高レベルの断熱性「樹脂窓」標準採用。

04. ネットゼロエネルギーハウス(ZEH)対応

やわらぎ住宅はZEHビルダーとして2020年度までに、受注する住宅のうちZEHが占める割合を50%以上とすることを目標としています。
やわらぎの家はZEHを前提とした仕様となっておりUA値0.6以下をクリアする設計を行います。
※UA値とは外皮平均熱貫流率で数値が小さいほど熱が逃げにくい住宅です。ZEHでは省エネ基準よりワンランク上の外皮性能を達成することが条件となっています。
(滋賀県においては省エネ基準のUA値0.87)

やわらぎ住宅ZEH普及目標
やわらぎの家ZEHシミュレーション

やわらぎの家では外壁・屋根に遮熱機能付きの防水シート・ルーフィングを採用。夏季の室内への熱の侵入を大幅にカットします。(侵入熱量 約35%カット)
※屋根については使用する屋根材によっては通常のルーフィングとなります。

屋根遮熱・外壁遮熱
HOME > やわらぎの家 > 温熱環境

新築・リフォームに関するお問い合わせ

八幡営業所 0748-31-3575

滋賀県近江八幡市鷹飼町北4丁目5-1
FAX.0748-33-6220

新築・リフォームに関するお問い合わせ

彦根営業所 0749-27-5770

滋賀県彦根市高宮町1410 ハウスセレクション彦根内
FAX.0749-27-8650

FREEQ HOMESに関するお問い合わせ

FREEQ HOMES0748-31-3250

滋賀県近江八幡市小舟木エコ村内